一日目の神輿連合還幸祭の様子です!

各学科と四武会が各々デザインから製作まで、

工夫を凝らした神輿を担ぎ、商店街を練り歩きました。

桜泉祭のスタートを飾るのに相応しい盛り上がりを見せました。


テーマ「極(きわみ)」

環境安全工学科

台輪に四方に方角を司る霊獣、青龍・朱雀・白虎・玄武の彫刻を施しより一層迫力のある神輿に仕上がりました!

地域と向き合い最も適した環境を創り出す学科に相応しいデザインです。

正統派&軽量化!

 応用分子化学科

6年前に初代グランプリを獲得した経歴を持つ由緒正しき正統派のお神輿です。

骨格を簡略化することによってたったの2名でも運搬が可能です。

そして何より注目を集めるのは頂点に輝く鳳凰です!鳳凰の雌雄一体が体現している陰陽思想が化学に通ずると考え、御神体としたそうです。

テーマ「社林」

創生デザイン学科

神を祀るのは社のみにあらず。境内にある木や鳥居もまた、神を祀りしものである。ならばここに御神木を模り、神を祀るもの全てを宿さんとす。

・・・たぶんこんな意味でしょうかね。

デザインを専門とする学科らしく今までにない斬新で近代的な素晴らしいお神輿でした!